ご挨拶

内田会長

 日野市歯科医会のホームページへようこそ。 八王子、日野、多摩、稲城の4市の歯科医師が所属する歯科医師会を「公益社団法人 東京都八南歯科医師会」と言いますが、日野市歯科医会はその中にあり、日野市に開業・勤務する64名の歯科医師が所属しています。この日野市には「日野市みんなですすめる歯とお口の健康づくり条例」がありますが、都下26市で最初に制定しており、このような条例を制定している自治体は大変少なく、日野市がいかに“お口の健康”に真摯に向きあっているかがわかります。

 さて、「口は災いのもと」と言うことわざを皆さんもご存知のことと思います。不用意な発言から辞職する大臣が時々出現しますが、口腔内の細菌が様々な病気を惹き起こすことが昨今の研究から解明されてきています。まさに「口は災いのもと」なのです。さらに超高齢社会を迎えた近年はフレイル(虚弱)予防のためにも、オーラルフレイルの予防が重要視されてきています。健やかな口腔環境を保つことで栄養の経口摂取が可能となり、日々の活力が得られ、食べる喜びを味わうことができるうえに、コミュニケーションも可能となります。

 私たち日野市歯科医会の会員は日野市の委託事業や、日々の診療を通じて、日野市民をはじめ地域住民の方々が健康で健やかな食生活ができるよう、そして健康寿命が延伸できるよう努めてまいります。前述のように市民の健康の保持増進に熱心に取り組む日野市では、20歳から5歳刻みで、市民の方々を対象に「お口の健診」を無料で行っています。これは「かかりつけ歯科医」の定着を目的に行っていますが、日頃歯科への受診のない方々も、市よりの案内がありましたらぜひ受診され、まずはご自分のお口の現状を知っていただき、その健康管理にお役立てください。
「口は災いのもと」されど「健康は健口」から始まります。

平成30年7月
日野市歯科医会
会長 内田博之